人間革命07 - 池田大作

人間革命07

By 池田大作

  • Release Date: 2013-07-01
  • Genre: 宗教/スピリチュアル
  • Size: 3.18 MB
Score: 4.5
4.5
From 10 Ratings

Alternative Downloads

Server Link Speed
Mirror [#1] 人間革命07.pdf 23,391 KB/Sec
Mirror [#2] 人間革命07.pdf 43,394 KB/Sec
Mirror [#3] 人間革命07.pdf 32,457 KB/Sec

Description

日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(7巻概要)昭和28年、戸田は7万世帯の達成へ、年間5万世帯の折伏を掲げた。そのために、まず抜本的な人事と、支部中心から地区中心への指導体制の移行が行われた。山本伸一も第1部隊長に就任し、さらに文京支部長代理となり、信心の団結をもって、弱体の支部を一変させていく。学会前進の原動力となったのは、戸田の「方便品・寿量品」の講義であった。自らの原点たる獄中の悟達に基づき、日蓮仏法の精髄を会員に説いた。我が身が妙法なることを、生命の永遠を、仏法即生活を――その感動と確信が同志の弘教に拍車をかけたのである。また戸田は、男子部に水滸会、女子部に華陽会という人材グループをつくり、次代の指導者の育成に生命を削っていく。なかでも水滸会は、伸一を中心に、師とともに宗教革命に生涯を捧げることを誓い合う。11月には学会本部が信濃町に移転し、次の飛躍の基盤も整った。(7巻目次)飛翔/原点/翼の下/水滸の誓/匆匆の間

keyboard_arrow_up